読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OUR COURT

憲法・司法制度のブログです。

アメリカ建国期の共和主義と自然権ーA republic, if you can keep it.

2015年、Randy E. Barnettが憲法を共和主義から読み解く研究書を発刊。彼の共和主義観によれば、個人の不可侵の自然権が最初にあり、それを保護するために共和政府が樹立されたとする。

Our Republican Constitution — Randy E. Barnett

 

保守系法律家団体のフェデラリスト協会のサイトにおいて、Sominが書評で称賛。

Book Review: Our Republican Constitution: Securing the Liberty and Sovereignty of We the People : Publications : The Federalist Society

 

これに対して、Barnettの定義する共和主義が、単なる19世紀古典的自由主義の再述にすぎないとするBalkinの反論。

Which Republican Constitution? by Jack M. Balkin :: SSRN

ちなみにBalkinの共和主義観はこちら。Living Originalismとの関連が面白い。

Republicanism and the Constitution of Opportunity | Texas Law Review

 

建国期の共和政体と自然権を、対立構造を捨象して理解するCampbellの研究も登場。

Republicanism and Natural Rights at the Founding by Jud Campbell :: SSRN

(確かに、現代の通説的理解によれば、自然権は政府の権力を制限するものである。しかし、建国期の共和主義思想からは、代表政府は公共善実現のために樹立されたのであり、自然権はその「善き政体」を志向するものであった。それゆえ、自然権はそれ自体、必ずしも制限国家を志向したものではない。)

 

標題のフランクリンの言葉を借りるまでもなく、アメリカは共和政体である。しかし、その「共和主義」の内容は、実に多義的である。

建国期の共和主義理解が、現代の保守対リベラルの相克を反映している点も面白い。歴史に遡りながらも、その視点は常に現代的問題関心に貫かれている。